特産品

広尾町・十勝港では、年間を通して様々な種類の魚介類が水揚げされるので、特産と呼ばれるものも数多くあります。

また、海の幸以外にも、自慢の名物がたくさん!


ししゃも

北海道の一部海域でしか獲れない、"ししゃも(柳葉魚)"。

中でも広尾町は道内有数の漁獲量を誇ります。

十勝沖は"ししゃも"の生息にとって、非常に好条件。

ここで漁獲される広尾産の"ししゃも"は大きさや味はもちろん、金色に輝く見た目の美しさも格別です。

"ししゃも"の漁期は、毎年10月中旬〜11月中旬の1ヶ月ほどしかありません。

この期間には、町内のお寿司屋さんで、"ししゃも"の刺身や握りを味わうこともできます。

淡白な白身で、ほどよい歯ごたえとほんのりとした甘みは他の魚にはない美味しさです。

また、新鮮なうちに一夜干し冷凍にした”ししゃも”は、催事や通販などで、お求め頂けます。

身は焼くと「ふわっ」としていて、初めて食べた人は「これが、ししゃも!」と驚かれます。



鮭〜 秋鮭・トキシラズ

十勝沖はサケ・マスの漁場としても知られています。

通常、川で生まれた鮭は海で4年ほどを過ごし、秋頃に生まれた川に戻ってきます。

それを沿岸で捕獲するのが「秋さけ」です。

一方、「時さけ(トキシラズ)」は、まだ川に遡上する前、沖合を回遊しているものを捕獲します。

旬は5月下旬から初夏。

広尾町の「広輝(こうき)」は、一定以上のサイズで且つ、うろこの美しさなどの条件を満たした「秋さけ」を、捕獲して船上ですぐにエラを切る「船上活〆」を行ったこだわりのブランド鮭です。

鮭は頭から尻尾~内臓まで、捨てるところのない魚と言われます。

お刺身、塩焼き、フライ、ちゃんちゃん焼き、味噌汁・・・どんな調理法にも合う広尾町の鮭をぜひご賞味ください。



昆布

北海道えりも岬を中心に西は室蘭、東は白糠の太平洋沿岸で獲れる昆布は「ミツイシコンブ」と言う種類になります。
「ミツイシコンブ」は、ミネラル分をたっぷり含み、一流料亭でも使用されている高級素材です。

夏に昆布を干す風景は、広尾町沿岸の風物詩となっています

広尾産の「ミツイシコンブ」は、だしに使うと上品な味わいで、調理して、そのまま食べても柔らかく味わい深い逸品です。


タウン

ポータル

ひろお


お問い合わせ先: 広尾町観光協会

電話: (01558) 2- 0177

住所: 北海道広尾郡広尾町西4条7丁目

広尾町役場 水産商工観光課内
広尾町観光協会事務局
Mail: info@hirookanko.com